小倉競輪ガイド


バンクガイド

最高のバンクが、あなたをお出迎えいたします。

小倉競輪場(北九州メディアドーム)のバンクは、「走りやすさ」をテーマに設計されました。したがって、設計速度は選手の脚力の向上を考えてできるだけ速いこと、緩和曲線(コーナーから直線に移るつなぎ部分)が長くてスムーズなこと、直線部分の勾配は外側へのふくれをおさえるため出来るだけ大きくすること等がレースを白熱化させ、選手にとっても好まれるバンクと言われています。以上の要素は相反する内容となっており、400mの中でどのように組み合わせてバランス良く設計するかがポイントです。

小倉競輪場のバンクは全国50箇所の既設競輪場のデータから最も良い組み合わせで設計されました。

バンクデータ

小倉競輪場のバンク

周長 400m 直線 ホーム 31.22m
長軸長 160.38m バック 31.22m
短軸長 74.38m 緩和曲線 66.00m
曲線種別 新マッコーネル曲線 円曲線 1センター 36.78m
幅員 ホーム 11.0m 2センター 36.78m
バック 10.0m 最小曲率半径 34.00m
センター 8.0m 傾斜角 ホーム 3°26’01”
退避路 2.0m センター 34°01’48”
  設計算出速度 15.0m/秒 (54.0km/時)

※マッコーネル曲線とは
現在、全国の競輪場において主流となっている緩和曲線の種類です。緩和曲線の始点および終点において、他の緩和曲線にくらべスムーズな走行が可能です。